2016年9月17日放送のメレンゲの気持ちで、大倉孝二42歳が俳優になったキッカケ、古田新太との関係、賀来賢人の結婚エピソード、カレー好きなことなどについて語った。

恩人八嶋智人からのコメントは、大倉孝二が居候していたことについてと、バラエティー番組に出るにあたってアドバイス。

オススメのカレー屋を紹介し、スタジオで試食。

スポンサーリンク





メレンゲの気持ち初出場。バラエティーはほとんど出ない。

身長は187cmくらい。

結婚している。子供も1人いる。

舞妓Haaaan!!!』や『秘密 THE TOP SECRET』など数々のドラマ、映画、舞台に出演し、出演作品は100本を超える個性派俳優。

ブレークするキッカケとなったのは2002年に公開された映画『ピンポン

鬼気迫る演技でインパクトを残し、一躍 人気俳優に。

体型維持のためにしていることは特にない。
気持ち悪くなるまで食べてしまうが、そんなに体型は変わらない。

怒るときは怒る。夫婦喧嘩で大倉孝二が怒るとシャレにならないくらい怖いときがある。

俳優になったキッカケ


面白いことをやってみたかったが、何をしたらいいかわからなかった。

そういう人が集まるところにいけばいいと思って、18歳のとき俳優養成所に行った。

在学中に初めて自分でお金を払って観たのが、今 所属している劇団の芝居だった。

俳優ではなく、スタッフでもよかった。そこに潜り込みたかった。

たまたま出演者募集オーディションがあった。そのまま20年たった。

働けない。借金したり、もらったり。

恩人 八嶋智人


ほとんど八嶋智人の家に住んでいた。八嶋智人は恋人(今の奥さん)と同棲していた。

大倉孝二には小さいボロボロのアパートがあったが、そこに帰ると咳が止まらなかった。

八嶋智人に家賃を払う訳でもなく、むしろ小遣いをせびったりしていた。

八嶋智人からコメント


・大倉孝二が居候していた?

彼と僕の嫁が一緒に舞台をやってるときに、最初はケガをした。大倉くんはすぐ体調を崩す弱い子だった。

当時住んでいたアパートに帰ると外より寒い、家に帰ると咳が止まらないとごちょごちょ言うので、じゃあうちに泊まればいいと言った。

3人で暮らしていた。

僕が仕事に行って帰ってきたら、僕の嫁と大倉がリビングで2人仲良くDVDを観ていて、おい付き合ってるのかと怒ったことはある。

夫婦で寝ていた寝室を彼が使って、僕はリビングのソファーで寝たりしていた。

・バラエティーが苦手な大倉さんへのアドバイス

バラエティー番組とかはきっとずいぶん苦手なタイプなんでしょうけど、まず笑顔でいてくださいね。周りの人が心配しちゃうから。

ただでさえフランケンシュタインみたいな顔してんだから。お願いしますよ。明るく振る舞ってください。


今ずっと舞台が続いている。昨日も大阪にいた。古田新太、成海璃子、賀来賢人らと全国を回っている。

豪華共演者との舞台裏


ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~』で、大阪の梅田芸術劇場シアタードラマシティに来ている。

okurako1.jpg

座長の古田新太は太陽の塔の超合金を手に入れた。フィギュア大好き。

成海璃子によれば、大倉孝二はカレーが好きな人。汗をかく人。

新婚ほやほや賀来賢人はメレンゲの気持ちに1回出たことがある。
2012年11月3日放送。

古田新太には劇団に入った当初からかわいがってもらっている。
20年以上の付き合い。

毎日、一緒に飲みに行く。古田新太は携帯を持っていないので公衆電話で。

いとうあさこによれば、下北沢で古田新太っぽい人が公衆電話に立っていたが「古田新太 携帯」と検索したら持っていないと出て「やっぱそうだ」

賀来賢人は榮倉奈々と8月に結婚したが、ポーカーフェイスなのでよくわからない。

本番中に入籍した。大倉孝二は聞いていたが、みんなが知っているものだと思って飲み屋でばらしてしまった。

カレー大好き


食事はカレーだけでいい。毎日食べる。1日1回しかご飯を食べない。
あとは酒を飲んでいる。カレーを食べられない日は辛い。

仕事の途中でも、今日はこの辺でロケだからあそこに行けるみたいな。

汗がひどくてカレー屋のおばさんに下に雑巾を敷かれるくらい。
ずぶ濡れ。激辛でなくても。

楽屋でもいつも食べているのでびしゃびしゃになって食べている大倉孝二を古田新太がタバコを吸いながら見ている。

オススメのカレー屋


コチン 二ヴァース 東京都新宿区西新宿
インド人コックが作る南インド料理が評判の住宅街にある隠れ家的な店。

チェティナードチキンカレー 1100円(ライスは別料金)
一番人気メニュー
日本では手に入らない珍しいスパイスを現地のインドで購入して贅沢に使用している。

本場のインド人コックが日本人に合わせて深いコクと後を引く辛さに仕上げた。

スタジオで試食して汗だくに。



スポンサーリンク